VASCULAR
hamburger

Crossroads_Logo

Introduction

クロスロードは、以下の目的を達成するため、常に進化し続けます。

  • 冠動脈疾患、末梢血管治療、弁膜症治療に関わる臨床医の教育ニーズに応え続けます。
  • 高品質で、バイアスの無い教育プログラムを提供し続けます。
  • 医師と医師とをつなぐネットワークを構築し続けます。
  • 世界的に著名なエキスパート医師をプログラムファカルティとして支持します。
  • 最新の情報、交流の場を、常に提供し続けます。
  • 最新の技術・機器を教育プログラムに活用し続けます。

患者の予後を改善するため、更なるトレーニングプログラムを提供し続けます。

crossroads_people

Course

  • 血管系疾患治療のエキスパート医師による指導
    世界的に著名なエキスパート医師を招き、専門分野に関する講義とハンズオントレーニングを中心としたプログラムを提供します。
  • 多彩なコンテンツ
    血 管系疾患治療をこれから始める医師向けの基礎的内容を始めとし、病変状況に応じた治療戦略の考え方、治療が難しいとされる分岐部病変への効果的対処法、また慢性完全閉塞病変に対する最新の治療戦略討議や、薬剤溶出性ステントの現状や臨床データ解説、そして心臓領域だけではなく末梢血管治療といった分野に至るまで、多彩な内容を提供します。
  • 少人数による対話形式で行うトレーニング
    10数名の少人数を対象としてプログラムを提供します。講師となるエキスパート医師と全参加者との間で活発な議論や情報交換が可能な環境を提供します。
  • 実践的なハンズオン
    臨床医の教育ニーズに合った、効果的且つ実践的なトレーニングを開発し、提供します。
    また、プログラムの内容に合わせて、アボット製品以外で必要とされる物品も準備し、より実践的で且つバイアスの無い教育的ハンズオントレーニングを提供します。

Hands-on Training

ハンズオン トレーニングで使用するハイブリッドモデルはアボットが独自開発したモデルです。実際のデバイスを使用し基本スキルの習得が出来ることに加え、透明な模擬血管を平面に配置することにより視認しやすく、CCDカメラや目視でステントが拡がる様子や留置後のステントの形状を確認できるなど参加者より高いご評価をいただいております。また留置後のステントを取り出し、ステントの形状評価・留置時の注意点などを確認いただくことも可能です。その他、トラブルシューティングのハンズオンや、慢性完全閉塞病変モデルも準備しており、より高いレベルの教育プログラムにも利用されております。

image023

Hands-onでは生体を一切用いず、量産可能な人工血管モデルを使用しているため、同じ条件で手技を繰り返し練習することができる、再現性の高いトレーニングを実施しております。

Contact

本プログラムにご興味のある医療従事者の皆様は、アボット バスキュラー ジャパン(株)営業担当者までお問い合わせください。

5-V4.0-065-Rev.A

外部サイトへジャンプします

このリンク先の情報は、各サイト制作者の責任で作成されているため、アボットグループではリンク先のサイトにおける個⼈情報保護や掲載されている情報にかんして責任をおいかねます。

このサイトに接続しますか?

true
accessibility
© 2017 Abbott. All Rights Reserved. Please read the Legal Notice for further details.

Unless otherwise specified, all product and service names appearing in this Internet site are trademarks owned by or licensed to Abbott, its subsidiaries or affiliates. No use of any Abbott trademark, trade name, or trade dress in this site may be made without the prior written authorization of Abbott, except to identify the product or services of the company.

はいいいえ
accessibility

外部サイトへジャンプします

このリンク先の情報は、各サイト制作者の責任で作成されているため、アボットグループではリンク先のサイトにおける個⼈情報保護や掲載されている情報にかんして責任をおいかねます。

このサイトに接続しますか?

はいいいえ