VASCULAR
hamburger

2011年2月2日

報道関係者各位

このプレスリリースは、2011年1月31日(米国現地時間)に米国にて配信したものを翻訳したものです。本資料の正式言語は英語であり、その内容およびその解釈については英語が優先します。※ 本資料(英文)についてはwww.abbott.comをご覧ください。

アボット(本社:米国イリノイ州アボットパーク)は、2011 年1 月31 日に冠動脈疾患治療用のRX TREK PTCA バルーンカテーテル(日本においての販売名「RX TREK PTCA バルーンカテーテル」、承認番号:22300BZX00014000、以下「TREK」と呼ぶ)が日本と米国で承認され上市したことを発表致しました。TREK は血管形成術に使用され、インターベンショナル・カーディオロジストにより患者の閉塞した冠動脈を押し広げる際に使用されます。TREK は2010 年5 月にヨーロッパにおいてCE マークを取得し上市しています。

Scottsdale Healthcare Shea Medical Center のインベーシブ・カーディオロジーのメディカル・ディレクターを務めるDavid Rizik 医師は、「バルーン拡張式カテーテルは、病変部位にステントを留置する前、その病変部位を拡張するために使用する。この手技方法は、後にステントを血管内で拡張する場合において患者の予後を向上させることが証明されている(¹)。TREK は、狭く拡張が難しい血管における複雑病変の治療を可能にし、さまざまな屈曲病変を治療する上で、大いに医師の手助けとなる製品である」 と述べています。

豊橋ハートセンター循環器内科部長である土金 悦夫医師は、「蛇行した血管内を通過できる十分な柔軟性を有しており、石灰化病変を押し進むことができるデザインを有した適切なカテーテルを見つけることは容易ではない。これまでは、一回の症例で様々な製品を何度か試さなければならなかったため、手技時間が長引くことがあったが、TREK はバルーンを容易かつ正確に位置決めでき、血管内の血流を回復させるように設計されているため、患者の負担も軽減されるだろう」 と述べています。

TREK 冠動脈拡張カテーテルシリーズは、より優れたデリバビリティーとパフォーマンスの提供を目指し、複数のデザインが改良されました。日本ではTREK RX、米国ではTREK RX 、及びTREK OTW を使用することができます。TREK には2 種類のカテーテルデザインがあります。小血管向けの特殊なカテーテル (利用可能サイズ:米国1.50mm~2.0 mm、日本1.20mm~2.0 mm)をはじめ、TREK は米国では70 以上、日本では43 以上ものサイズがあり、またバルーン径(1.2 mm~5mm)、バルーン長(6mm~30mm)のサイズがあります。

アボット、バスキュラー部門のシニア・バイス・プレジデントであるRobert Hance は、「TREK をはじめ、アボットのバスキュラー部門の幅広いパイプライン製品は、革新技術を提供する製品であることを象徴している。アボットはバルーン拡張カテーテル部門においてリーダーの地位を築くことを目指しており、TREK 冠動脈拡張カテーテルの進歩したデザインによって、医師の期待に応え、患者の予後を向上させる可能性を秘めている。本日の発表をもって、TREK は世界の主要な市場において利用することが可能になった。アボットは今後も、冠動脈疾患を伴う患者を治療する医師に、さらに進歩した製品を届けるため邁進していく」 と述べました。

1 Liu HK, et al. The Perfect Fit: Getting the Most Out of Your Coronary Stent. Cath Lab Digest.
2005;13(10):20-26.

アボット バスキュラーについて

アボットバスキュラーは、血管系疾患治療分野のリーダーとして世界規模で事業を展開しています。 冠動脈治療、血管穿刺部止血デバイス、頚動脈治療、末梢血管治療のための多岐にわたる医療機 器を提供しております。詳細については、www.abbottvascular.jp(日本) www.abbottvascular.com(グローバル)をご覧下さい。

アボットについて

米国イリノイ州シカゴに本拠を置くアボットは、広範囲のヘルスケアに基盤を置く世界的規模の会社であり、グループ総従業員数90,000 人を擁し、世界130 カ国で営業活動を行っています。その事業内容は医療用医薬品、栄養剤、医療機器、診断薬、診断機器の分野における研究・開発、製造、マーケティングそして販売と多岐にわたっています。日本国内では、従業員 約2,800 人が医療用医薬品、栄養剤、医療機器、診断薬、診断機器、ビジョンケア製品の製造開発、ならびに販売とマーケティングに従事しており、東京、福井、千葉に拠点を置いています。 アボット ジャパンのプレスリリースは、www.abbott.co.jp、アボット本社のプレスリリースは、www.abbott.comをご参照ください。

5-V4.0-105-Rev.A

外部サイトへジャンプします

このリンク先の情報は、各サイト制作者の責任で作成されているため、アボットグループではリンク先のサイトにおける個⼈情報保護や掲載されている情報にかんして責任をおいかねます。

このサイトに接続しますか?

true
accessibility
© 2018 Abbott. All Rights Reserved. Please read the Legal Notice for further details.

Unless otherwise specified, all product and service names appearing in this Internet site are trademarks owned by or licensed to Abbott, its subsidiaries or affiliates. No use of any Abbott trademark, trade name, or trade dress in this site may be made without the prior written authorization of Abbott, except to identify the product or services of the company.

accessibility

外部サイトへジャンプします

このリンク先の情報は、各サイト制作者の責任で作成されているため、アボットグループではリンク先のサイトにおける個⼈情報保護や掲載されている情報にかんして責任をおいかねます。

このサイトに接続しますか?